ネットビジネスを世界展開するために役立つサイト | 神戸市の会計事務所

ネットビジネスを世界展開するために役立つサイト

  
  日本のネット市場の伸びの鈍化が伝えられる昨今、
  
  中小のネットビジネスを展開する事業者様はどうやって対策を
  施しているのでしょうか???
  
  2009年になって、相次いでチャイナ向けのネットショップポータルサイトが
  登場したことをご存知でしょうか?
  
  
  簡単に言うと、楽天ヤフーオークションをチャイナ向けに展開しているサイト
  ですね。
  でも日本からの出品に絞られますので、日本のネット事業者は勿論日本語で
  商品を登録できる点に魅力があります。
  
  
  淘宝网のようなCHINAローカルサービスに突入する兵のネットショップオーナーも
  勿論いらっしゃいますが、「そこまではちょっと・・・」というネット事業者の
  方々にも気軽に簡単に手を出せるサービスですね。
  
  
  こういったサイトの最大の壁は決済と物流ですが、この二大問題をうまく
  乗り越えてます。
  最近ではchina富裕層に普及されつつあるクレジットカード(银联カード)を利用したり、
  日本郵便チャイナポストとの連動を利用した物流網を敷いたり、、、
  
  うまくその壁を乗り越える自負が出てきたことで、こういった大型サービスに
  踏み込んだものと思われます。
  
  まだまだ先行者利益のあるビジネスモデルなので、ネット事業者の方は
  今の時点で検討されることをお勧めします。
  
  
  ★佰宜杰
   ヘラクレス上場のSBIベリトランスが運営。
   ヨドバシカメラなんかとも提携してるようです。
   
   佰宜杰
  
  
  ★中国購買王
   中国流通王で有名なスコア・ジャパンが運営。
   
   購買王
   
  
  ★NILE port
   ナイルスコミュニケーションズが運営。
   CHINA富裕層向けに日本の情報を多く提供しているようです。
   
   ナイルス
  
  
  ここには、ネットビジネスの未来の一つが隠れています。
  
  どんなビジネスでも国境でボーダーを引くことは、それ自体がリスクでは
  ないでしょうか??
  
  
  >>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
  ★コラム詳細についてはメルマガにて!
  ★メルマガ登録はこちらのページから可能です。
  
	

この記事を各ソーシャルブックマークに簡単に追加できます →