日本企業の実像伝えるサイト「良師益友」がオープン! | 神戸市の会計事務所

日本企業の実像伝えるサイト「良師益友」がオープン!

  
  
  2009年2月21日、経済出版社・ダイヤモンド社が、
  
  日本を代表するトップ経営者らのインタビュー集に特化したサイトを
  
  中国語で開設するそうです。 
  
  
  その名も「良師益友」!!

  良師益友
  
  日本郵政公社初代総裁・商船三井相談役の生田正治氏が聞き手となり、
  
  Chinaでも認知度の高い企業経営者に切り込む。
  
  
  
  日本企業の多くが中国に進出している現状を踏まえ、
  
  日本企業トップの人物像や経営理念、信条を伝えることで
  
  日本企業への理解を促進することが目的とありますね。 

  
  記念すべき第一弾を飾る経営者は、トヨタ自動車取締役相談役の奥田碩氏。
  
  
  今後、全日本空輸の大橋洋司会長、森ビルの森稔社長などが登場予定。 

  
  中国では、ゴールデンタイムの全国ネットチャンネルで、国内一流企業
  
  の経営者を特集したり、経営者同士が議論したりする機会が非常に多く、
  
  若者の多くはかなりの興味でこういうテレビを見ているのです。。
  
  
  
  このホームページもチャイナの若者に情報がいきわたれば、それなりの
  
  アクセスは見込めそうだ。
  
  
  特に、日本の一流企業は、彼らから羨望の眼差しで見られる
  
  ケースが多いですね。
  
  
  いわゆる、例えば、上海の一流マンション(億ション)の定番は、
  
  トイレはTOTO、エアコンはダイキン、テレビはシャープというのが
  
  三種の神器に近い存在感をもつ。
  
  
  
  これからチャイナ市場を攻める日本の中小企業も、インターネットを
  
  使った戦略は有効だが、こういった次代を担う若者の深層心理を
  
  うまく突くことで新たなチャンスが生まれるような気がします。
  
  
  良師益友2
  
  
  
  >>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
  ★コラム詳細についてはメルマガにて!
  ★メルマガ登録はこちらのページから可能です。
  
	

この記事を各ソーシャルブックマークに簡単に追加できます →