バレンタインのホームページ戦略 | 神戸市の会計事務所

バレンタインのホームページ戦略

  
  
  ホームページ制作に身を置く者として、「時間軸」という概念をよく意識します。
  
  
  これは、簡単に言うと、時期的なアクセスアップ効果を見込める
  
  戦略を想定した事前戦略になります。
  
  
  当たり前といえばそうなのですが、
  
  例えば、「年賀状」とうキーワードは12月には信じられないぐらいのアクセス数を
  
  誇りますが、8月ではほとんどアクセスがありません。
  
  「上海万博」というキーワードで、昨年から作りこみ始めたホームページも
  
  上海万博直前~直後までは上位表示さえしていれば、圧倒的なアクセス数を
  
  期待できるでしょう。
  
  
  この考え方が「時間軸」を意識する考え方の基礎になります。
  
  
  バレンタインデーも同様です。
  
  
  この時期は手っ取り早く、バレンタインデーというキーワードでの上位表示が
  
  商売をグンと伸ばすキーになるかもしれません。
  
  
  中国語ではバレンタインを「情人节」と呼び、プレゼント交換の習慣は、
  
  日本同様に存在します。
  
  
  中国市場に突撃する後発組の日系企業にはよく提案するのですが、
  
  こういった時期的タイミングを見越した突入方法は認知度を上げるのに
  
  かなり有効です。
  
  
  ★まず、自分たちが提供する商品の最も効果的な時期を見定める。
  
  ★その時期をキーワードにしたホームページを組む。
  
  ★時期で検索した利用者に商品を知ってもらう。
  
  
  瞬間的爆発的アクセスによる認知度向上戦略です。
  
  こうして、海外(特にアジア)で成功した日系企業って意外に多いんです。。
  
  
  
  ちなみに百度で、「情人节」と検索すると
  
  車のスマートのバレンタイン特集が一位で表示されました。
  
  ホームページ制作
  
  
  
  やっぱり百度の精度はまだまだかな、と思ったりします。
  
  >>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
  ★コラム詳細についてはメルマガにて!
  ★メルマガ登録はこちらのページから可能です。
  
	

この記事を各ソーシャルブックマークに簡単に追加できます →