「可愛い」がキーワードのソーシャルネットワーキング | 大阪会計事務所

「可愛い」がキーワードのソーシャルネットワーキング

  
  最近、世界的なキーワードとして「可愛い」という言葉が頭を離れません。
  
  ネットといえば、男性ユーザー!?
  
  なんていう時代はもう終わってて、やはりイケテル女の子世代の心を捉えて
  
  離さない、そんなサービスがウケルと思っています。
  
  
  
  ミクシーは確かに莫大なユーザー数とSNS市場でのシェアがありますね。
  
  
  ただ、これがずっとずっと続くサービスなのかどうか、それは誰も分かりませんね。
  
  
  ただ、一ついえることは、「可愛くない」ってことです。
  
  
  続く続かないというのとは別の話です。
  
  
  
  そんな中で、秘かに大ブームを起こしているSNSサイトがあります。
  
  
  
  中国語圏を中心に20代・30代の女性の圧倒的な支持を得ています。
  
  それは「犬」というペットを使っている开心网というサービスです。
  
  
  
  
  入会に招待が必要なのは、昔のミクシイ風ですが、
  
  参加者には一人一匹の犬のペットが与えられます。
  
  その犬に餌をあげたり、水をあげたり、フリスビーで遊んだり、撫でてあげたりして
  
  育てていくのです。
  
  犬
  
  
  面白いところは、見ず知らずの他人の犬にも餌をあげたり、遊んであげたり、
  
  自分の犬と全く同じ世話ができます。
  
  
  そして、飼い主には、他人がサービスしてくれたことを知らせるサービスもあります。
  
  
  
  そうやってコミュニティを形成しています。
  
  
  
  このサービスが続くかどうかは正直分かりません。
  
  
  
  でも、今、女の子の琴線にハマッテるのは間違いないです。
  
  
  可愛くあり続けることはすごく大変なこと。
  
  
  
  でも、それができれば、全く新しい「若い女性」をターゲットにできる可能性が
  
  
  出てくるんですね。
  
  
  
  >>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
  ★コラム詳細についてはメルマガにて!
  ★メルマガ登録はこちらのページから可能です。
  
	

この記事を各ソーシャルブックマークに簡単に追加できます →