すごい決済サイト「支付宝」を知ろう | 大阪会計事務所

すごい決済サイト「支付宝」を知ろう

  
  前回は、ヤフーオークションより盛り上がっているオークションサイトとして、
  
  淘宝网といわれるホームページを取り上げました。
  
  
  
  色んな反響を頂いたのですが、特に多かったのが、淘宝网の決済システム。
  
  
  チャイナで最大のシェアを誇る一大決済システムサービスサイトの支付宝(Alipay)
  
  についての問い合わせが本当に多かったです。
  
  
  
  ヤフーオークションにも、便利な決済システムとして、「ヤフー決済」なるものがあります。
  
  
  ヘビーユーザーの中では利用率が高いですが、代金回収率が元々それなりに高い日本では、
  
  そこまで盛り上がっていないのも事実です。
  
  
  
  しかし、この支付宝(Alipay)はすごいです。
  
  
  
  「親」ともいえる、淘宝网を飛び出し、通常のネットビジネスでも多用され、
  
  また他の大手ポータルホームページ等の決済システムとしても利用されることになり、
  
  今では、決済システムとしての独自の地位を築いています。
  

  
  決済ホームページ
  
  
  
  どこにそれほどの魅力があるのでしょうか。
  
  
  
  中国では決済インフラは充実していなかった点、代金回収率が非常に低かった点。
  
  
  この2点が、支付宝(Alipay)爆発の主要因でしょう。
  
  
  
  支付宝のシステムは非常に単純です。
  
  
  ネットショップがユーザーに商品を販売したとしましょう。
  
  ユーザーはまず代金を、支付宝(Alipay)に支払うのです。
  
  
  ネットユーザーは注文後に商品を発送しますが、ユーザーは受け取ったことを
  
  支付宝(Alipay)に連絡します。
  
  これによって、支付宝(Alipay)はネットショップに商品代金を支払うのです。
  
  
  つまり、支付宝(Alipay)が間に入ることによって、「代金倉庫」の役割を果たしているのです。
  
  
  
  
  これは画期的でした。
  
  
  
  今までは、ほんとに色んな問題があったのです。
  
  
  ★商品を注文してお金を払ったけど、届かない。
  
  ★商品を発送したけど、利用者からの入金がない。
  
  
  
  この二つを一気に解決できるインフラ機能として、支付宝(Alipay)は爆発したのです。
  
  
  この決済を利用するには、身分証の提示が必要になります。
  
  つまり不正を働くとリスクが大きいため、トラブルが激減したのです。
  
  
  
  かといって、チャイナローカルホームページなので、言語が違う普通の日本のネットショップ
  
  が申し込むのはちょっとした手間です。
  
  
  
  最近では、支付宝(Alipay)の決済を代行するサービス会社も現れているようです。
  
  
  こんな会社もそうでしょうね。
  
  
  
  
  でも、なんか手数料をとられるのは腹立たしいという方もいらっしゃるかと思います。
  
  
  
  後日のメルマガで、支付宝(Alipay)の申し込み方法を説明する記事を書こうかと
  
  思ってます。
  
  
  確かに、支付宝(Alipay)という決済代行会社の代行を頼むっていうのは、、、、、、、
  
  
  
    
  メルマガ読者の方はお楽しみに!
  
  
  
  >>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
  ★コラム詳細についてはメルマガにて!
  ★メルマガ登録はこちらのページから可能です。
  
	

この記事を各ソーシャルブックマークに簡単に追加できます →