死体映像を流す中国サイト | 大阪会計事務所

死体映像を流す中国ホームページ

  
  グーグルの傘下になって、今世界中で大ブレーク中のユーチューブですが、
  
  チャイナにはありません。
  
  
  台湾香港にはあるのですが、本土にはないのです。
  
  
  共産党一党支配の政治的統制の意味合いが強いと思われますが、
  
  これって簡単に言うと、日本で見れる映像が結構見れなかったりするという
  
  ことになります。
  
  
  
  
  でも、日本のメディアや大手ポータルサイトでは流さない
  
  タブー的、刺激的な映像が普通に流れたりもしてます。
  
  
  ★殺人事件が起きたときの凶器や犯人のインタビュー
  
  ★四川大地震のときの多くの死体
  
  ★ちょっとした有名人の亡骸
  
  
  
  こういったものが普通に映像として公開され、
  
  多くの人々は普通に見ています。
  
  
  
  中国人相手にホームページ運営をする人が増えてきていますが、
  
  この国でのホームページ公開にあたっての一つの困難は、どこまでの
  
  公開が許容されるかという点でもあります。
  
  
  
  
  以前、漫才師のトミーズさんが芸として、中国でお尻を出したことが
  
  ありました。
  
  大阪でやってれば、笑いの一つも生んだことでしょう。
  
  
  
  でも、チャイナでやっちゃいました。
  
  
  
  当局で拘束までされたそうで、このあたりにも表現・公開の概念の違い
  
  が読み取れます。
  
  
  
  
  日本では個人情報保護や特定商取引法なんてのが、ホームページ製作者の
  
  注意点として挙げられますが、チャイナではそれ以上に、映像や記載内容
  
  のテーマに気をつける必要があります。
  
  
  
  
  ある日突然、、、、、
  
  
  なんてこともありえますので。。
  
  >>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
  ★コラム詳細についてはメルマガにて!
  ★メルマガ登録はこちらのページから可能です。
  
	

この記事を各ソーシャルブックマークに簡単に追加できます →