お金とアイデアを使った被リンク獲得手法 | 大阪会計事務所

お金とアイデアを使った被リンク獲得手法

  
  
  今、巷ではかなりのお金を使ったホームページSEOを
  
  施している方が多いと聞きます。
  
  
  
  
  一言でお金をかけるといっても色々あります。
  
  
  
  例えば、有料リンクの販売ホームページからリンクを買う
  
  というような行為。
  
  
  
  これはグーグルの規定でも「悪」と明示されてます。
  
  絶対にしてはいけない行為だと思いますね。
  
  
  
  
  あと、よくあるのが、●ワードの営業の話の中で1年間ウン十万円の契約を
  
  された人もかなり多いです。
  
  
  
  昨年、我々も実験的に1年間で40万円のキーワードを買いました。
  
  その1年間、この40万円の投資の回収はゼロでした。
  
  
  他の人はどうかは知りません。
  
  (いい噂は聞きませんがそれ以上は言わないでおこうと思います)
  
  
  実体験を基にいいますと、このサービスに年間ウン十万円使うのは
  
  お勧めできません。(あくまで実体験です)
  
  
  
  正直申しますと、お金がなくてもアイデアでホームページSEO対策は
  
  いくらでもできます。
  
  
  
  もっと本質を言いますと、読者にとって有益な良いコンテンツを展開し続ける
  
  ことができるホームページは勝手にリンクが集まって、強いホームページに
  
  なっていきます。
  
  これがホームページSEOの本質だと思います。
 
 
 
  「時間をお金で買う」
 
  
  こういう言葉がありますね。
  
  だから有料リンクを買うとかそういう話になるのかもしれません。
 
  
  
  でも、SEOでは時間をお金で買うことは難しいはずです。
 
  なぜなら、SEOの本質である「良いコンテンツ」は、
  
  時間をかけて自分で作り上げて製作ホームページにオープンにしていく
  
  性質のもので良いコンテンツ自体をお金で買う類のものでは、
  
  現在はないからです。
 
 
  
  
  
  話はそれますが、これからSEOにお金が絡むとなれば、おそらくリンク売買ではなくて
  
  コンテンツ売買になると思います。
 
  
  
  良いホームページコンテンツや情報を制作した人が売って、
 
  それを買う人が出てくるのではないかと思っています。(いいか悪いかは別です)
 
 
 
 
  話を元に戻しましょう。
 
 
  もし、もしですが、ウン十万円のお金が余ってて、
 
  どうしてもSEOに使わないといけないという場合、
 
  もっともっと有効で半永久的なホームページSEO技術があります。
 
 
  
  
  
  それは何かですが、一言で言うのはなかなか難しいのです。
 
 
 
 
  
  私の実験をお話しましょう。
 
  フランス人が作った美味しいお菓子をネット販売しています。
  
  もちろん、日本でこれを食べようと思ったら、このホームページから購入する
  
  以外にありません。
 
 
  
  このホームページSEOにおいて、30万円の資金を使って、SEOを施しました。
 
  何をしたか。
 
  
  
  
  ◆いつでも使えるこのサイトの「3万円商品券」を30個制作しました。
  
  (原価ベースで考えるとだいたい30万円ぐらいのコストです)
  
  そして、ホームページで「商品購入者の中から3万円商品券が抽選で当たります」
  
  という広告を出します。応募は1回のみにします。
 
 
  
  
  ◆次に、リピーターの方々にこんなメールを出します。
 
  
  「いつもありがとうございます。あなたのブログやホームページでリンクを張ってくれませんか?」
 
  
  「リンク張ってくれた人には、上記抽選の応募回数が5回になります。」
 
  
  
  こう持っていきます。
 
 
  キャンペーン商品は自社商品以外でもいいかもしれません。
  
  関連性がより高いほうが有効だと思いますが・・・・
  
  (例えば、洋菓子サイトなら、デパートの商品券でも良いかもしれません)
 
   
   
   
   
   また、こういう手もありました。
   
  リンクを張ってくれた人に対して先着30名様に商品券3万円分を漏れなくプレゼント
  
  です。
  
  しかし、これをオープンでやると、はっきりいってリンク売買とみなされる可能性が
  
  ありますね。
  
  グーグルやヤフーには目視スタッフがいるとされていますので、グレーな手段は
  
  避けたほうが無難かと思います。
  
  
  
  
  
  
  
  
  この実験により不特定多数の人のブログやホームページからリンクが結構集まりました。
  
  
  
  そして、自社商品のキャンペーンだったこともあって、自社商品の広告効果にもなりました。
 
  
  
  IPアドレス分散や自作自演の意味のない多くのブログ製作なんかに比べても
  
  
  かなりの高品質なリンクになります。
 
 
 
  
  
  上記は単なる一例ですが、
  
  
  
  ちょっと知恵とお金を使えば、リンクなんて簡単に集まるのかもしれませんね。
 
 
 
 
  
  >>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
  ★コラム詳細についてはメルマガにて!
  ★メルマガ登録はこちらのページから可能です。
  
	

この記事を各ソーシャルブックマークに簡単に追加できます →