被リンク元のIPアドレスを分析する | 大阪会計事務所

被リンク元のIPアドレスを分析する

  
  今、巷で話題ですね、「IPアドレス分散効果」。
  
  
  真偽の程は定かではありません。
  
  
  
  ただ、一ついえるのは、
  被リンク元のIPアドレスは分散しているのが当然
  検索エンジンにとっても有益なホームページと判断される
  可能性が高いということです。
  
  
  今の検索エンジンのシステムがどこまでか分かりませんが、
  今後もどうなるか分かりません。
  
  
  
  ただ、自作自演の可能性があるホームページに比べると、
  IPアドレスが分散されたホームページの方に価値を置いてくる
  可能性は高いといえます。
  
  
  
  自分のサイトの被リンク元IPアドレスを分析する方法。
  日本では【被リンク元IP一括解析ツール】が有名ですね。
  
  >>>こちらです
  

  
  
  
  海外にもありますね。
  「C Class Backlink Analyzer」というホームページツールです。
  これは、該当するホームページの独自ドメイン全体のバックリンク
  
  を調べ、どれだけ「ユニーク」なバックリンクが存在しているかを、
  
  パーセンテージで算出してくれるツールです。

  >>>こちらです
  


  
  ★URLを入力してから、「make report」をクリック。
  しばらく待つとと、バックリンクのリストが表示されます。

  
  
  
  unique IP addresses to number of backlinks が60%~70%。
  
  
  unique C classes to number of backlinks が30%~60%。
  
  
  
  このあたりが安全圏でしょうか。
  
  
  
  逆に双方とも20%に満たないホームページは順位下落の可能性が高くなります。
  
  
	
	>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
  ★コラム詳細についてはメルマガにて!
  ★メルマガ登録はこちらのページから可能です。
  
	

この記事を各ソーシャルブックマークに簡単に追加できます →