Class-CレベルでIPアドレスを分散? | 大阪会計事務所

Class-CレベルでIPアドレスを分散?

  
  ホームページに関する議論の中で、
  Class-CレベルでIPアドレスを分散すべきとの意見が飛び交っています。
  
  
  
  全く関係ないという意見もあれば、Class-CレベルでIPアドレスを分散させるべき
  
  という意見もあります。
  
  
  
  
  あなたのホームページのIPアドレス&C-classは以下のページから
  
  確認できます。
  
  >>>こちらです
  
  

  
  
  
  
  どれが正しいか、これは非常に難しい問題ですね。
  
  
  
  今は正しい意見でも、検索エンジンもアルコリズムによって、ある日突然
  
  全く逆になる可能性が十分にあるからです。
  
  
  
  
  私の意見は、分散させられるなら分散させるべきではないかと思っています。
 
 
  
  
  
  
  理由は簡単で、閲覧者にとって人気のあるホームページなら、
  
  いろんなところからのアクセスがあるのは当然で、
  
  被リンク自体もいろんなところから集まるはずです。
  
  
  
  となると、自然な流れとして、IPアドレスが分散しているのが良質な
  
  ホームページだという前提も成り立たなくはないからです。
  
  
  
  あくまで、自然な流れで考えるとそうなるであろうという推測です。
  
  
  
  
  これを検索エンジンがアルコリズムにどこまで導入しているかまでは
  
  分かりません。
  
  
  
  
  ただ、分散させることでマイナスをくらうことはないのではないかと
  
  考えています。
  
  
  
  
  もちろん、巷に出回る「IPアドレス分散のためのサーバーやメールマガジン」
  
  みたいなものには手を出さない前提です。
  
  
  この手の手法だと、ホームページ運営者が分からない間に、
  
  あらぬ方向に進むことがよくあります。
  
  
  
  
  こうなってくると話は変わってくるので注意が必要ですね。
  
  
  
  
    関連ページ
    任天堂ホームページ
  
  
  >>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
  ★コラム詳細についてはメルマガにて!
  ★メルマガ登録はこちらのページから可能です。
  
	

この記事を各ソーシャルブックマークに簡単に追加できます →