URL移転時の301リダイレクト | 大阪会計事務所

URL移転時の301リダイレクト

  
  ホームページのアドレスを変えたりする場合ってたまにありますね。
  
  
  でもこれは大きな問題を一つ抱えているのです。
  
  
  ホームページを変更したら、「引越し案内」を書けば、閲覧者は別ページに飛んでくれますよね。
  
  でも、グーグルやヤフーの検索エンジンは「引越ししました」という案内を理解できないのです。
  
  
  
  当然なんですが、、、、、
  
  
  
  
  これは何を意味するのでしょう????
  
  
  
  
  新しいホームページアドレスに変更するということは、完全な新しいホームページという
  
  評価になってしまいます。
  
  
  いままで集めたリンクやSEO対策がゼロベースになるのです。
  
  
  これを防ぐことができるのが「301リダイレクト」です。
  
  301とは、Moved Permanently、つまり「恒久的なサイトの移転」を示します。
  
  「このホームページは永久的にこちらに引越しました」と検索エンジンに伝えてくれるのです。
  
  
  
  
  この301リダイレクトを.htaccessかhttpd.confなどでサーバ設定しておくと、
  
  検索エンジンなどは移転を判断してます。
  
  
  
  
  そして、PageRankや検索順位や被リンク等も引き継いでくれるのです。
  

  
  
  例えば、.htaccessに「redirect 301 /index.html http://www.abc.com/」と書くと、
  index.htmlにアクセスがあったら、http://www.abc.com/にリダイレクトされます。
  
  「redirect 301 /service/ http://www.abc.com/」
    service/index.htmlにアクセスがあったら、http://www.abc.com/にリダイレクトされます。
  
  
  
  
  ホームページ移転の際には絶対に必要となる技術です。
  
  覚えておいて損はないですね。
  
  
  
  
    関連ページ
    OCNホームページ
  
  
  >>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
  ★コラム詳細についてはメルマガにて!
  ★メルマガ登録はこちらのページから可能です。
  
	

この記事を各ソーシャルブックマークに簡単に追加できます →