metaタグの書き方 | 大阪会計事務所

metaタグの書き方

  
  ホームページを製作する上で結構意識して気になるのが、metaタグですね。
  
  
  
  書いたほうがいいと言う人もいれば、書かないほうがいいという人もいます。
  
  キーワードはいっぱい書くべきとする人もいれば、1つにせよという人もいます。
  
  デスクリプションの中にはキーワードを5つ入れるべきと言う人もいれば、
  
  キーワードは1つでいいと言う人もいますね。
  
  
  
  
  じゃあ、どれが正解なの??って思われる人が多いはずです。
  
  
  
  はっきり言いますが、SEOに正解はないのです。
  
  
  
  なぜなら、metaタグの書き方だけで、検索順位の順位は決まらないし、
  
  そのホームページに合ったメタタグの書き方は変わってくるはずなのです。
  
  
  
  
  ビッグキーワードのメタタグを見てください。
  
  私が見る限りでも、キーワードを詰め込みまくったホームページが上位にも
  
  来ていますし、メタタグなしのホームページも上位に来ていたりします。
  
  
  
  
  
  
  仮に一つ提案があるとするならば、
  
  利用者にとって有益なデスクリプションを書くことが長期的視点では
  
  役立つと思われます。
  
  
  100文字程度のデスクリプションの中で、キーワードが5つあっても
  
  不自然にならない文章が作れるのならば、それでもいいのではないかと思います。
  
  
  
  
  個人的には、5つもキーワードが入っていれば、
  
  ちょっと目障り感があります。
  
  
  
  
  100文字程度ならば、キーワードは一つ、二つ程度で十分ではないかと
  
  考えています。
  
  
  
  
  今の検索エンジンにはもっと有効な策があるかもしれません。
  
  
  でも、将来の検索エンジンのアルコリズムは誰にも分かりません。
  
  
  でも、利用者の視点に立ったホームページ製作が必ず評価されるはずだし、
  
  インターネットの世界はそうあるべきなのです。
  
  
  
  
  
  >>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
  ★コラム詳細についてはメルマガにて!
  ★メルマガ登録はこちらのページから可能です。
  
	

この記事を各ソーシャルブックマークに簡単に追加できます →