WEBサイト用途・目的別配色 | 大阪会計事務所

WEBサイトの配色について

  弊社でも打ち合わせ時にヒアリングしている全体的なイメージカラー。
  
  もちろん通常はコーポレートカラーを使用することになるのですが、演出したいイメージ・雰囲気等に
  
  よっては別色を使用することも有効な手段と言えます。
  
  
  
  
  では、色によってはどのような効果があるのか?
  
  
  
  ◆青色
   
   企業ホームページで最もよく目にするのが青を基調とした配色計画。
   
   安定感や冷静さなど、ビジネスに必要な姿勢や態度を表す効果があり、彩度や明度が高い色を
   
   使うことで、より親しみのある表情になります。
   
   ・ビジネスに必要な信頼感を与える
   
   ・当たり障りのない清潔感を出す
   
   ・安全、確実な安定感を演出する
   
   
   
   
  ◆緑色
   
   自然や癒しなど、取り扱う商品の特性を表す効果を期待できます。
   
   親しみを演出するときによく使われる色。
   
   ・協調と信頼を演出する
   
   ・高貴なナチュラル感を表現する
   
   ・親しみのある安心感をアピールする
  
  
  
  
  ◆オレンジ
   
   食欲を引き出す色といわれ、食品にかかわる業種や家庭向けのサービスを提供する
   
   企業のホームページに多く採用されている色。
   
   女性的な活発さや楽しさも与えられます。
   
   ・太陽のような暖かさを演出
   
   ・食欲増進、シズル感を演出する
   
   ・心が沸き立つ楽しさを引き出す
  
  
  
  
  ◆赤色
   
   情熱的で刺激のある印象を与える色ですが、グレーと合わせるとビジネス系の配色としても使える
   
   など幅広い表現力を持つ色。
   
   ・ダイレクトにアピールできる色
   
   ・情熱、熱い魂を表現する
   
   ・成長、躍動感を演出する
   
   
   
   
  ◆黄色
   
   さわやかな新鮮さを表現できる黄色は、色そのものが持つ力は弱いものの、主張する力は意外に
   
   強い色。他の色との相性も良く、生活を豊かにする不動産や家庭向け各種サービスなど付加
   
   価値の高い条件に適している。
   
   ・安全と安心感を演出する
   
   ・まったり感やほのぼの感を表現する
   
   ・活発、活動的、元気さをアピール
  
  
  
  
  ◆紫色
   
   独自感を出すには最適な主張の強い色。個性的すぎる傾向があるのでビジネスホームページ
   
   には使用し難いですが、セルフプロモーションなどの場合には活躍する色。
   
   ファッション性も高く、大人の雰囲気も表現できます。
   
   ・個性的、唯一無二の印象を与える
   
   ・神秘的な力を表現する
   
   ・洒落た雰囲気をより引き立てる
  
  
  
  
  ◆グレー
   
   他の色との相性も抜群で、シルバーに似た印象も与えられ、高尚さを表現できる唯一の色です。
   
   先進的な印象も併せ持ち、IT系関連サイトや自動車関係のホームページでは
   
   頻繁に使用されています。
   
   ・知的、ステイタス感を演出する
   
   ・誠実で冷静な表情を演出する
   
   ・クリエイティビティを感じさせる
  
  
  
  
  ◆ピンク
   
   個性が強く色の持つ意味合いも強い色なのでホームページでは頻繁に使われませんが、
   
   使いようによっては効果の高い配色となります。
   
   非日常的な雰囲気を演出したい場合、女性的な繊細さが欲しい時など、
   
   目的を絞り込んだ場合は有効と言えます。
   
   ・コケティッシュな魅力を表現
   
   ・ういういしさを演出
   
   ・ハイティーンの若々しさを表す
   
   
  
  
  
  ホームページ製作時だけでなく、ロゴマーク作成・刷新時やその他販促物等の製作時には、
  
  コーポレートカラーに縛られずに、目的に合った色を使用することをオススメします。
   
  
  
    関連ページ
    SAGAO.Z
  
  
  >>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
  ★コラム詳細についてはメルマガにて!
  ★メルマガ登録はこちらのページから可能です。
  
	

この記事を各ソーシャルブックマークに簡単に追加できます →