WEBデザインの画像 | 大阪会計事務所

WEBに使われる画像について

  通常、ホームページの可視的な部分はテキストと画像で構成されています。
  
  テキストとはそのままの意味で文字情報のことで、画像とはjpggif等のことです。
  
  
  
  一般的に、写真はイメージを伝え、文字はサービス内容等を伝えると言えます。
  
  
  
  文字は、自社の商品やサービスを広く知らしめる必要がある場合、
  
  写真はイメージ戦略を行いたい場合に使用されることが本来の用途となります。
  
  
  
  
  しかしながら、最近のホームページでは「とにかく写真を使うこと」が重要なのが現状です。
  
  無料の製作会社だけでなく、高額な制作代金を必要とするホームページ製作会社でも同様
  
  と言えますが、これは、ユーザーに与えるイメージの点から
  
  生じたものだと言えるでしょう。
  
  
  
  「とりあえずキレイな写真を使えば質の高いホームページに見える」という。
  
  
  
  
  
  これによって、サービスや商品を知ってもらいたいと思う会社・ショップのサイトなのに、
  
  よくわからないイメージ写真がただ並んでいるだけ、というサイトが非常に多くなっています。
  
  
  
  
  
  また、写真ばかりで見た目にすっきりしてキレイなホームページというのは、
  
  制作が非常に簡単になります。
  
  もしかすると、この点も大きな要因かもしれません。
  
  
  
  
  もちろん、キレイな写真を羅列したホームページは非常に見た目に良いと言える
  
  でしょうが、それがイコール効果のあるホームページということにはなりません。
  
  
  
  
  文字によって本当に伝えたい情報をアピールすること、
  
  SEOに有効なテキストを多く盛り込むことが本当に重要となってきます。
  
  
  
  
  写真以外の画像(装飾文字等)を用いて、いかに文字情報を多く、
  
  しかもデザイン性を保てるか、これがWEBにおけるホームページデザインの
  
  ポイントになります。
  
  
  >>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
  ★コラム詳細についてはメルマガにて!
  ★メルマガ登録はこちらのページから可能です。
  
	

この記事を各ソーシャルブックマークに簡単に追加できます →