文字サイズとフォント | 大阪会計事務所

文字サイズとフォントは慎重に選択しましょう!

  ホームページだけでなく、名刺やフライヤー・ポスター・パンフレット等全てにおいて
	
	文字サイズやフォントは重要になってきます。
  
  
  
  読み物系でよく使われるのは書体は明朝体が基本ですが、特定の意図をもってゴシック体を
  
  用いれば効果的な場合もあります。
  
  
  
  
  例えば、想定されている読者の年齢層が高い場合や。入門書のような場合には懐の深く
  
  デザインされた新ゴなどを使うと、ゆったりとした雰囲気で読んでもらうことができます。
  
  
  
  
  このように、対象となるユーザーに合わせたフォントチョイスも重要となってきます。
  
  
  
  
  また、コンテンツや誌面を楽しませたり、華やかさを演出することを目的とした場合、
  
  キャッチになる部分やポイントとする場所ごとにフォントや大きさを変更して、ページ中に
  
  強弱をつけることも重要です。
  
  あまりに華美なフォント、同一の文字サイズばかりを使用すると、流れの妨げになったり、
  
  かえって違和感がでることにもなります。
  
  
  
  
  
  もちろん文字サイズやフォントを同様のものにすることは、全体の統一感を演出するという
  
  大きな効果がありますが、あまりそれにばかりとらわれてしまうと、デザイン的・可読性的に
  
  大きなマイナスになる可能性もあります。
  
  
  >>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
  ★コラム詳細についてはメルマガにて!
  ★メルマガ登録はこちらのページから可能です。
  
	

この記事を各ソーシャルブックマークに簡単に追加できます →